禁煙セラピーはAmazonで購入

禁煙セラピーはアマゾンで購入することができます。今から20年ほど前に発行された実用書なのですがそのタイトルの通り禁煙を目的とした本なのです。読むだけで多くの方が禁煙に成功してきました。事実この著者は過去にベビースモーカーであったことがあり、禁煙に成功したことから事実に基づいた内容ということも非常に魅力的です。ちなみにその内容ですが一般的に想像される喫煙することの健康被害を並べ立てた内容ではありません。確かに禁煙すれば健康被害がなくなり健康的になれることは事実ですが今までずっと喫煙してきた人がやめることは難しいのです。理屈でやめられるものではありません。そこでこの本では健康被害について書くのではなく本当に煙草を吸う必要があるのか問いかける内容になっています。根本的になぜ煙草を吸わなければいけないのかを考えさせてくれるのです。煙草を吸うことによってイライラが解消されるというのは実は幻想、元々煙草を吸っていない人は吸わなくてもイライラしないなど、今まで気が付かなかったことを教えてくれます。また煙草をやめられないのは決して意思が弱いからではないということも教えてくれます。アマゾンのサイトではこの本についてのレビューも書かれていますが、成功した方の話も掲載されているので実際に興味を持った方は見てみるべきです。色々な禁煙方法がありますがたった本一冊だけでやめられるのであれば安上がりです。自分が成功すれば本は禁煙したい人に貸すこともできます。無理なく煙草をやめることがこの本のコンセプトですので今まで失敗してきた人にはいい薬になります。本屋でも販売されていますがかなり昔の本ですので見つけるのが大変ですしアマゾンで探した方が早いでしょう。

禁煙セラピーは効果があるのか?

色々ある禁煙本の中でも特に有名なのが禁煙セラピーです。読むだけで止められたという声も多く、ベストセラーの存在にもなっています。読むだけで止められる理由はタバコへの考え方を変えることができるからです。喫煙者の脳は非喫煙者と比較すると違っている部分がありますが、特に顕著なのがタバコの有用性についての考え方です。非喫煙者からすればタバコはまるで吸うメリットがなく、害にしかならない存在と感じています。一方の喫煙者はタバコへの考え方が違っており、タバコを吸うと気持ちが楽になったり、疲れが取れる、眠気が軽減されるなど、喫煙をすることのメリットを感じてタバコが役立つ存在として認識している部分があるのです。しかしながら喫煙者が感じているタバコのメリットというのは全てまやかしとされています。こういったメリットを感じるのはニコチンによる作用によるものなのですが、ただ喫煙によって気持ちが楽になるなどの作用は元々人間が自然に発生させられるようにできています。ところが喫煙者の場合はニコチンを吸収しないとこうした作用を発生させられなくなっています。要は本来なら自然に発生する作用を喫煙者はニコチンなくして発生させられなくなっているのです。つまり元々備えている機能がタバコによって抑制されてしまい、その機能を取り戻す為にもタバコを吸う必要があるということです。これは非常に無駄があることですし、その無駄を教えてくれるのが禁煙セラピーなのです。禁煙セラピーではタバコを吸っているからこそタバコを欲しくなるということを説き、そしてタバコのメリットは脳がそう思い込んでいるだけということを教えてくれます。タバコへの考え方を転換させてくれますので、それによってタバコへの依存心がなくなり、禁煙に役立つと言われているのです。

おすすめの禁煙セラピーの本

たかが書物とあなどらない方がいいでしょう。多くの人が禁煙セラピーの本で成功し、喫煙者に戻ることもなく、健康な生活を送っているからです。煙草が百害あって一利なしということは、今日誰しもが承知していることですが、煙草そのものが直接身体に痛みを生じさせたリ、目に見える悪い影響を与えることもないために、多寡をくくっている人が多いのですが、実は、気がついたときには手遅れということになり易いのです。生活習慣病ということが世の中に知らされ、生活習慣を変えないと、糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満などから、命を縮めることになりますが、それを後押ししては早める悪い役割をするのが煙草なのです。そのことを解説し、禁煙を一日も早く実現するようにと警鐘を鳴らしてくれているのが、禁煙セラピーの本なのです。喫煙している人は、誰しもが一度は禁煙ということに正面から取り組む必要があります。真剣に禁煙することに向き合わなければならないのです。週刊誌や健康保険組合の本などでも、喫煙の及ぼす悪い影響は紹介されていますが、それを眺めているだけでは、他人事にしかなりませんから、本気で考えたことにはなりません。新書判でも、文庫版でも構わないので、禁煙という文字の入った書物を、最低限一冊は熟読することです。およそ次のようなことが書いてあります。タバコは止めようと思っても、のどのタバコ渇きの誘惑や、一本くらいならいいかという考えなどで、ぶり返してしまうことが多い。でも、確実に身体をむしばんでいる。ストレスを解消できるからタバコもいいところがある、と言うが、それは自分自身に言い訳しているだけであって、本当のストレス解消になっていない、むしろストレスが解消できたと誤魔化しているに過ぎない。いずれにしても、タバコの害、自分だけでなく、周囲の人に与える害などもきちんと認識して、禁煙に取り組む第一歩としては本を一冊読破することです。